観葉植物 エコプラントが持つ有害な物質を浄化能力とは

観葉植物はインテリアとして人気のアイテムの一つですが、その観葉植物の関連で「エコプラント」って聞いた事ありますか?
エコプラントは室内の空気を浄化して綺麗にしてくれる力が見込める(観葉)植物)の事です。
エコプラントは、空気中にある有害な物質を浄化してくれる植物達の総称で、近年その効果の高さから一層注目されています。

私は以前ある書籍と出会った事がキッカケで”エコプラント”と言うものに興味を持ったのですが、それまではエコプラントなど全く聞いた事がなく、それだけでなく観葉植物自体に全く興味を持っていない人間でした。

その様な私が何気にエコプラントを知り、興味を持つキッカケとなった書籍があります。それが『エコ・プラント』 著作者は[B.C.ウォルヴァートン]氏です。
ちょっと古い書籍(資料)になるのですが、私が実際に購入したこの書籍(写真)ご存知でしょうか?

当サイトはその書籍を参考にしてエコプラントの効果などを紹介していますが、書籍には50種類のエコプラントと言える観葉植物が紹介されており、またシックハウスの元凶となる化学物質など一般に健康被害を及ばす危険性のある物質を対象に効果を測定しています。

室内空間の密閉性が仇になる

現代の密封性に優れた住宅。 良い意味では熱や空気を逃がさない/流さないエコな構造。悪く言えば、空気が淀み空気の循環が滞っている不健康な状態。しかも、最近の我々の身の回りには至る所から化学物質が気化して空気中に広がっている様な状況です。その様な状況で、観葉植物-エコプラントがインテリアとしてだけでなく、より違った活躍をしてくれる事をこの書籍は教えてくれたのです。

先にも書きましたが、当サイトでは書籍『エコ・プラント』 を参考に、特定の化学物質の除去・軽減に有効な観葉植物(エコプラント)を紹介します。

エコプラントはそもそもが観葉植物ですから、空気を浄化する本格的な機械でもなく、インテリアとして人気があるのは勿論の事、植物の持つ癒しの効果もあるかと思います。 誰にでも手軽に用意出来るエコプラント-観葉植物なので、小さなお子さんを持つ家庭や、新築で家を購入したばかりの方、改築したばかりの家、アトピーや体の弱い方など、興味ある方はご覧下さい。

因みに私的には、調査対象とならなかった他の観葉植物も何らかの効果があると思います。
観葉植物だけでなく、植物には少なからずエコプラント同様の力を持っているのでは無いかと推測しますが、書籍にある様な大きな実験など出来ないので推測の域を超えません。
なので、当サイトでは書籍の情報をベースに話を進めておりますので、ご了承ください。

エコプラントの効果と種類

エコ・プラントは家庭、オフィスのお洒落なアクセントとして、根強い人気を保っています。そのエコ・プラントが健全な屋内環境の実現に欠く事の出来ないものだという事が、今NASA(アメリカ航空宇宙局)のジョン・C・ステニス・スカイラブ・スペース・センターの研究によって実証されました。現在、家庭では建材やフローリング材、家具の一部として、また新築や改修後のオフィスでは「シックビル疾患症候群」の一要因として有害な化学物質(よく知られている所では、ホルムアルデヒド、ベンゼン、アセトン、アンモニアなど)が検出されています。

エコプラントの作用と効果

ウォルヴァートン博士の研究は、スカイラブの宇宙事件内の空気の汚れが危険レベルに達しつつあると最初に察知された25年前に開始されました。その結果、エコ・プラントが宇宙空間ばかりでなく、どの様なタイプの閉ざされた生活空間にあっても健全な屋内環境システムを維持する手段として最も期待出来る事が判明しました。

参考書籍『エコ・プラント』の中では、博士は50種類のエコ・プラントを取り上げて、其々について家庭やオフィスでどの様に機能するかを解説しています。
そして更に、各種のエコ・プラント屋内の空気を汚す様々な物質をどれ程効率良く除去出来るかによって点数評価をしていますので、当サイトではそれらの点数も参考にして紹介していきます。
例えば、カンノンチク(Rhapis excelsa)、アレカヤシ(Chrysalidocarpus lutescens)は、総合的に点数が高くとりわけ有効な植物です。

またエコ・プラントは化学物質浄化の能力の他にも、冬の屋内空気に適度に湿気をもたらす最も安全な手段でもあります。
例えば、ゴムの木の仲間(Ficusalli)、スパティフィラム(Spatiphyllumsp.)は多くの清浄な水分を空気中に蒸散するそうです。

エコプラントの必要性

室内・屋内環境は、大気汚染と言う害悪から逃れられる安全な場所と思っている人も多いでしょう。外気よりも室内の方がクリーンは空気に満たされていると…。
確かに、光化学スモッグ警報が出ている時などは外気が入り込まない様な屋内に留まっている方が無難です。しかし、そうでない場合は一概に室内の方が綺麗な空気と過信するのは良くないです。

エコプラントの化学物質除去能力

書籍によると、最近の研究によれば屋外環境に比べ、屋内環境の方が10倍も汚れている場合もあると言われているそうです。
現代の私達の生活では、多くの人が生活時間の9割を屋内で過ごしています。この様な社会では、屋内空気の汚染の影響下に長く置かれれば置かれる程に様々なアレルギー反応が現れて来ます。

色々な面で成績の良いエコプラント

当サイトでは、書籍の実験に於ける「有害な気化化学物質の除去率と蒸散率」や、育て易さ、管理のし易さ、または害虫の抵抗力など、総合的にエコプラント能力の高い観葉植物を書籍データを元に紹介します。今人気がある植物ではありません。

また、紹介するエコプラントは、多くの種類を取り扱っている「マキモプラント」さんの画像等を利用して紹介します。
ですが、【観葉植物の専門店 MAKIMO PLANT】さんは色々な観葉植物を見つける事が出来るので、個人的に要チェックなショップなのですが、有名なだけに【売り切れ】続出です。

雑貨の様な形成された商品ならば在庫は多く用意出来るでしょうけど、生き物となると成長しますから、早々多めに用意は出来ない事は想像出来ますが…
ショップリンクを貼っているのに、【売り切れ】となると、探して訪問して頂いた方には申し訳ない心境です。
なので、他にも観葉植物を扱うショップを載せておきます。

また、種類は同じでも紹介するエコプラントと全く同じ物は見付からないケースもあり、もし亜種があれば紹介画像としているケースもありますので、ご理解下さい。

エコプラント種類

どうしても欲しいプラントがある時は、問い合わせなどして気長に待つか、色々な観葉植物販売店を覗くと良いでしょう。
今では観葉植物もインターネット販売が可能なショップも多いので、距離関係なく探す事が出来るかと思います。

このページの先頭へ